スポンサーサイト

  • 2013.03.29 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    朝霧へ・・・その2

    • 2009.03.20 Friday
    • 18:51
    朝霧での競技会で再確認させられたロッタの課題
     それは
    いつでも・どこでも・何があっても やるべき事をヤル

    前回の記事では私のお気に入り(あの日一番良かった種目)の動画を掲載いたしましたので
    こんかいは、ワースト1の動画を

    第1種目 50mマーキング・ブッシュ

    ダミーが投げられた場所をロッタは確認してます(ちゃんとマークさせたのに〜)
    スタートのダッシュは なかなかイイ感じ
    その後解っていながら別の場所を探索に行き
    とりあえず自分の(ロッタの)用事をすませ
    その後思い出したようにダミーの回収へ
    さらに自分の用事(排泄)をすませ
    その後さらに自分の用事(周囲の探索)をしようとしています

    これはヤバイ と感じ 「come!」 と指示を出したら
    我に帰ったのか? なんとか戻ってきました
     あぶないアブナイ

    この種目の順位は17頭中12位という情けない結果
    制限時間内で作業は終えたので失格にはなりませんでしたが
    競技に臨んだ最初の種目でかなりテンション下がりました

    とってもロッタらしい姿ですこれがロッタの今のレベル。


    責任感?に欠けるというのか
    誘惑に弱い?というのか

    環境の変化や刺激に左右されやすいです

    待ってれば いつかは指示されたもの(ダミー)は回収してもどります

    し・か・し あくまでも競技なので
    制限時間内に確実でスピーディーな作業を求めなければ。。


    という訳で、もう一度最初から持って来て!という指示には
    寄り道や排泄は含まないって事を教える作業に逆戻りする事を決意

    トレーニングが行き詰ったら
    勇気をもって後退する事も時には必要なのだ

    GRTA淡路島地区競技会

    • 2008.12.02 Tuesday
    • 19:45
    昨日はGRT(ガンドッグレトリービングトライアル)の地区競技会に出場してきました。
    天気は晴天おてんき
    しかし、すごい風でした ロッタの耳がこんなん上向きなるくらいトランク


    競技はノービスクラスのみの開催でしたが15頭の犬が参加
    関西もGRT人口が徐々に増えつつあるそうですラッキー

    ノービスクラス4種目にエントリー
    結果は2位入賞でした
    参加者への景品+賞品

    GRTAは参加者に優しいですねイヒヒ

    入賞は大変うれしいです
     が、
    自分のハンドリングの悪さに超ガッカリ困惑

    淡路島からの帰りは運転自動車しながら悔み事しか頭に思い浮かびませんでしたプシュー横で私の独り言を聞いてた妹はさぞかしウザイと感じたことでしょう・・・

    帰ってから妹の撮ったビデオを見て これまたガッカリ下向き
    頑張っているロッタに申し訳ないノーノー気持ちになります



    犬が出来る事を最大限に引き出せるのが良いハンドラー
    常日頃思ってはいるものの。。。
    今回の私は良いハンドラーじゃなかった[:がく〜:]

    ごめんね ロッタ悲しい
    次回は絶対に「やりきった!!」と満足できるハンドリングをするぞ〜!!


    JUGEMテーマ:ペット


    犬の気質

    • 2008.10.11 Saturday
    • 02:27
    今回のワークショップではたくさんの可能性と、自分への課題を知る事ができた
    ロッタを前より理解することもできましたラッキー
    講師のケン・マッコートさんは知識も経験もさることながら素晴らしい人柄の持ち主でした

    ケンさんと

    ケン・マッコート氏を交えての食事中に話題が犬の気質についての話になりました
    ケンさんは、
    「人間の言う気質の良い犬というのは、人間にとって都合の良い行動をとってるだけのことで、それが必ずしも気質が良い犬とは言えない。気質の良いと言われる犬も気質が悪いと言われる犬も状況によって行動を変える」
    というような事を言わはりました

    とっても印象に残った言葉です
    そして全く同感です

    犬が、人にとって都合の悪い行動をたくさんとってしまうと
    その犬は悪い犬と判断されます
    でも、犬が人間にとって都合の悪い行動を起こす状況が多いだけなのかもしれません

    状況が変われば?状況を人間が変えてやれば?
    犬のとる行動は変わるはずリサイクルです。

    犬のもつ気質は変えられないとケンさんは言いました

    神経質な犬は神経質
    おおらかな犬はおおらか

    それは人間も同じですよね、そういう気質なのです

    神経質な犬を、おおらかな犬に変えることはできないのです
    変えたいのなら、別の犬と換えるしかない

    ロッタはとても神経質(過敏)ですが、私はそのロッタが大好きかわいい(疲れるけど・・)
    他の犬には換えたくない。

    ロッタ

    ケンさんは、じゃあどうすれば良いのかを、ちゃ〜んと教えてくれましたウィンク

    ケンさんと科学の力に感謝です^^

    犬は学習ができる知能をもってるし
    人は状況をコントロールできる知恵を持ってる

    人が知恵を絞って、犬に学習させることができれば
    人と生きるのに都合の「良い犬」にする事は可能なのですおはな

    JUGEMテーマ:ペット

    サイン

    • 2008.10.07 Tuesday
    • 01:26
    私の最大の悩みはロッタを理解してやれない事

    いつも一番そばにいて、一番大切な犬なのにも関わらず。。はがゆいです

    実にミステリアスな犬です



    でもそんな彼女のおかげで私はたくさんの事を学ぶチャンスを得ました

    昨年もロッタと参加したケン・マッコート氏によるワークショップに
    今年も参加してきます
    題して「最新の科学で愛犬を徹底理解するキャンプ」です

    昨年のロッタと今年のロッタは少し違います

    気難しさ、神経質さ、過敏な反応も増幅右斜め上しています


    ロッタのおかげで犬に起こりうる「悪い予感・ヤバイ時」を察知する勘が備わりました


    ただ残念な事に予感を感じるのが遅く、
    感じたところでどうにもできない状況に陥ってることがしばしばあります冷や汗
    例えば、、雷が落ちるなって予感がしても、落ちる2秒前ならもう逃げられない
    そんな感じでしょうか。。。

    でも10秒前の予感なら回避できるかも?しれません

    それを勘ではなく、確かな根拠に基づいたものにしたいです

    もっと早く!!
    もっと手前で!!
    犬の出すサインを捉えたい!!

    犬のサインを通じて犬の気持ちを感じたい。

    犬に今何が起こってるのか?
    その時、人は何をすべきなのか?

    さらに深〜〜く学んできます自動車

    やりたがり

    • 2008.10.04 Saturday
    • 01:10
    昨日は遅い時間にいつもの公園へお散歩へ

    お友達の黒ラブ(Spaちゃん・ラブちゃん・青海ちゃん)が
    GRTの練習に励んでおられました

    練習風景を眺めていると・・

    ロッタがすご〜く、やりたがります
    そういえば1年以上ダミーレトリービングはやってません

    ロッタにとっては約1年ぶりのダミー

    お友達のダミーをお借りして
    コントロールダブルとかブッシュ(手前)とかやってみました

    以外に覚えてるのもんですねイケテル

    8割がた指示どおりに動いてくれました

    久しぶりのダミー・久しぶりに会えた犬お友達
    久しぶりの私とのトレーニング
    こんな感じ^^;(ラブパパブログ)

    ロッタはとても楽しそうに誇らしげにしてました
    そんなロッタを見ると幸せになれますかわいい

    ワタシが熱くなるとロッタは冷めていきます
    今回のように「仕方ないなぁ。。じゃあやる?」的なノリだと
    ロッタは燃えますあっかんべー

    自分のことに手いっぱいで[:がく〜:]最近ロッタにはトレーニング不足です。。

    やりたがりのロッタにはそろそろ刺激が必要かも

    涼しくなったし、またGRTに挑戦しようGO!

    SpaママさんとSpaちゃんから良い刺激をいただきました^^


    JUGEMテーマ:ペット


    パピー時代

    • 2008.09.09 Tuesday
    • 15:55



    先日友人にロッタの子犬のころの写真が見たいと言われ

    意を決してPC内に溜まりに溜まった画像の中から探してみました

    カワユイですラブラブ



    うちに来て2週間後くらい・・・生後2か月のロッタ



    はじめてのお友達

    他の犬との社会化の為にワクチン接取済の安全なお友達に協力してもらいました^^
    いきなり超大型犬のブルマスチフでした。


    パピーの社会化トレーニングは貯金お金に似ています

    子犬の社会化期にたくさんの良い経験を貯めておくと、後でものすご〜く助かります

    それでも成長の過程で少しづつ貯金は目減りしていきます

    怖い経験・嫌な経験が貯金を使ってしまうんですしょんぼり



    貯金が底をついて下向きもう借金しなきゃって時・・・

    問題行動という形で表面に現れるのだと思います。



    貯金は大事ですねパクッ


    JUGEMテーマ:ペット

    オルカと一緒に・・・

    • 2007.11.01 Thursday
    • 03:01
    フィルムドッグトレーニングキャンプ2日目以降はアドバンスクラスに突入
    犬達に求められる課題のシナリオも難易度UP

    複数(2頭もしくは3頭)の犬での演技となりました
    (ちなみに初日〜2日目までの課題のシナリオカチンコは単独の犬での演技でした)

    ロッタとコンビを組んでくれたのはオルカちゃん


    実はオルカとは広島帰省時に一緒に遊んだりトレーニングしてもらったりもして
    二人はとっても仲良しさんハートハートハート
    今回のキャンプでは同室になれたので2頭で日夜シナリオ練習に取り組みましたGO!

    選んだシナリオは・・・

    怪我をして動けない犬Aがいる
    そこへ犬Bかやってくる
    Aの様子に気づきBがトリック(何か心配そうに見えるトリック)
    その後Bは助けを呼びに去って行く


    というシナリオ。

    動けない犬の役をオルカ
    やってくる犬の役をロッタで。。

    トリックはオルカを覗き込んで下向き手で背中を掻くにしました
    イメージ的にはこんな感じです↓

                   
                        down


    ※キャンプ中は写真を撮る余裕が無かった為↑後日撮りました汗

    練習の甲斐あって最終日の発表カチンコでも見事成功祝
    ロッタは教えた行動がちゃんとできたしイケテル
    オルカはロッタに手をかけられても全く動かなかった拍手

    2頭とも、と〜っても×2 がんばりました^^
    そしてハンドラーの私達も無事カメラに写りこまずにハンドリングができた^^

    気持ちよくキャンプを終えた帰り道、
    オルカちゃんとオルカママが我が家に寄ってくれました。

    やっぱり仲良しの二頭+ちっこい1頭なのでしたおはな


    またまた次回へ続くsoon

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM